SEO対策の成果を得るには

SEOにおける被リンクの重要性

リーダーの育成で会社の活性化

SEOにおいて被リンクはとても重要です。
被リンクとは、対象のサイトがリンクされている状態のことです。
単純にリンク数が多ければ良いというものではなく、その判断はアルゴリズムを管理しているグーグルのみが把握していることなので、確信を得た答えを出すことはできません。
ただ、ボリュームがあるサイトや、確かな情報を掲載している信頼有るサイトからリンクを受けることができれば、質の高いリンクと評価され、自分のサイトを上位表示することができると言われています。
また、リンクされている数も重要とされています。
これは、多ければ多いほど良いというわけではなく、バランスの取れた自然なリンクが有効とされています。
SEO対策を施す場合には、被リンクの質と量のバランスを確認しながら行う必要があるということです。
数が多ければ良いと思い、自分で大量にサイトを作ってリンクを送っても意味はありませんし、むしろ、ペナルティーを受け、順位が下がることも考えられます。
答えを知っているのはグーグルだけという現状がある為、SEO対策をする側としては、自然なリンクを心がけながら、試していくしか方法はありません。
リンクを買うという方法もありますが、いずれにしてもバランスが大切です。

ホームページ制作者が覚えておくべき内部SEO

ホームページ制作にはある程度慣れていても、『SEO』と言われると頭を抱えてしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか。
人間相手のユーザビリティとは違って検索エンジンのロボットが相手ですから、難しそうに感じてしまうかもしれません。
しかし内部SEOに関してはHTMLの文書構造をしっかり把握していて、CSSを利用してデザインと文書構造を切り離すという制作の基礎がきちんとできていれば大丈夫です!
<h1>を同一HTML内で二つ以上使用していませんか?
文字を小さくしたいからって<h2>より<h3>がHTMLソース内で上の方に記載されて至りはしませんか?
<meta2>descriptionやkeywordをきちんと適切な量で設定していますか?
多すぎても少なすぎてもいけませんので注意が必要です。
<title2>の入れ忘れはないですか?
ロボットが最も注目する箇所なのでここは忘れないように!
画像のalt属性は必要に応じて記述されていますか?
画像のaltはそれ自体が情報を含む場合はalt="〇〇(情報)"とする必要があり、ただのビジュアルイメージの場合にはalt=""(空)にしておく必要があります。
その他、リンク切れなどの不具合はないですか?
細かく指摘しましたが、いずれもW3C標準を元にした基本的なチェック項目です。
ホームページ制作の際にはぜひこの辺りを意識して、SEOの最初の一歩を踏み出しましょう。

SEOに便利なリンク

URLを入力するだけでサイト背景情報を調査したり、迷惑メールの送付経路を表示したりすることが出来ます。

aguse.jp:ウェブ調査

上位表示達成率80%のSEO会社

seoを成果報酬で対策する

『SEO 被リンク』 最新ツイート

@sarukigyou

SEO対策、重要な3点 ❶エビデンスの明示 →“引用の引用”をしない、1次情報を引用、引用元のスクショを必ず掲載 ❷YMYL対策 →YMYLに該当する場合、“専門家情報の引用”が効果的 ❸ サイテーション対策 →被リンクされずに“良い口コミ”がされた場合も評価が上がる

41分前 - 2022年10月07日


@hilink

【SEOに効果的な被リンクの集め方】相互リンク。大変、時間と労力がかかりますがそれぞれ別ドメイン・別IPアドレスで効果的です。

1時間前 - 2022年10月07日